大事なのはアピールへの意気込み

非正規雇用のアルバイトやパートという働き方は、正規雇用と比較して安定性や社会的な信頼性という部分でかなり差が出てきます。正社員は、昇格や昇給によって給与が増えたり、ボーナスや退職金を設けていたりと、収入面での安定が大きな魅力です。また、信頼性についてはローンを利用する際に、非正規雇用よりも金融機関から多く借り入れ可能になるメリットもあります。

安定性や信頼性という部分で手厚くサポートしてもらえる正社員は、誰でも簡単に採用されるわけではありません。従業員を雇っている企業の視点で考えると、人件費の負担が大きい正規雇用よりは、負担の小さい非正規雇用を増やすことで、人件費による支出を抑制したいと考えるものです。しかし、将来を見据えれば、企業のことを良く理解している人材は絶対に必要です。そのため、非正規雇用ばかりではなく、正規雇用の人材も企業にとっては重要な存在なのです。

もし正社員として働きたい場合は、より多くのアピールが大切です。学歴や職歴、自己PR、趣味、特技、資格など、アピールできることは全てアピールするという考えで選考を受けるような、熱い意気込みを持つことが重要です。多くのアピールをする中で、企業側が1つでも惹かれる部分があれば、採用になる可能性は十分に出てきます。履歴書や職務経歴書の記入欄や面接の時間には限りがあるため、どうすれば自分を効率的に最大限アピールできるかを検討することが、正社員への道に繋がるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です